無理なくダイエットしてスリムな体を手に入れよう

フェイス

体を動かそう

手術

ダイエットを決意したら、まずは適度な運動からはじめましょう。特に今まで座りっぱなしのお仕事ばかり、家でも寝ているからテレビの前に座っているかのどちらか、という人は、急に激しい運動をしても体も気力もついていきません。とりあえず、お家の近所を歩いてみることから初めて見ましょう。単なる散歩かもしれませんが、徐々に距離を伸ばしていけば、立派な運動です。また、ウォーキングなら膝や心臓の負担も比較的小さいので、ご高齢の方にも安心して始められるダイエット方法です。まだまだ現役で働いている世代の方なら、いつもの通勤中の駅を、ひと駅手前で降りて帰ってきてみてはどうでしょうか?また、会社の中を移動するとき、積極的に階段を使っていくのも、仕事中の時間を使って有効にダイエットを進めるコツです。

ウォーキングでは物足りなくなってきたら、今度はジョギングに移るのもいいかもしれません。最初は早歩き程度で初めていって、徐々にスピードを早めて行きましょう。ジョギングは有酸素運動として有名ですから、ダイエットの効率もぐっと高まることでしょう。脚周りの筋肉がつき始めるのもジョギングに慣れてきた頃です。実は脚周りの筋肉というのは、基礎代謝にも大きくわか変わっていますので、更にダイエットの効率が高まります。雨が降っている時は、ジョギングは流石に辛いので、今度は室内やお家のガレージなどでも出来る運動を考えてみましょう。一番手軽なのは縄跳びではないでしょうか。たかが縄跳びと侮ることはできません。プロボクサーなどでも体重調整や基礎体力の増強のために、縄跳びをするのです。狭い範囲でもできるので、中々まとまったジョギングやウォーキング時間を取れない人にもおすすめです。

さて、ダイエットといえばウォーキングやジョギング、縄跳び、腕立て腹筋スクワットというような事を思い浮かべますし、一般的にもそれが行われています。しかし、実は私達が普段日常生活で行っている動作でも、結構カロリー消費というのはされているものです。お洗濯や片付けはその代表例で、30分で大体40キロカロリー程度の消費があるそうです。また、お家の1階から2階への登り降りは10分で約25キロカロリー、お洗濯やお掃除と合わせれば、10分以上登り降りをしている事もよくあるのではないでしょうか。そう考えると、極端な運動が出来なくても、お部屋を綺麗にするついでに、もしくは家族のためのお手伝いというだけでも、カロリーが消費され、ダイエットの一助となるのがご理解いただけると思います。これは通勤や通学にも言えることで、普段はエスカレーターやエレベーターを使ってしまうような階段も、少し早めに登り降りをしてみると、結構な運動量になっていることがあります。ちりも積もれば山となるといいますし、一つひとつの動作のカロリー消費は小さくても、一日通してみると、結構な運動量になっていて立派なダイエット方法になっていることがあります。いきなり、運動を始めるのは敷居が高いと感じている人でも、生活習慣を少し変えるだけで効果があるので、試してみるといいでしょう。