無理なくダイエットしてスリムな体を手に入れよう

フェイス

肥満外来について

水着の女性

世の中には沢山のダイエットの方法があふれていますが、その中には、自分の体にあわないものや、辛いだけであまり体重が落ちないというものもあります。ダイエットにより体の調子を崩してしまうと、逆に肥満に繋がることもあるので、中々難しいところです。また、何度ダイエットしてもリバウンドしてしまって、一向に体重が落ちないという悩みも多いようです。これらを解消し、正しいダイエット方法を指導してくれるのが肥満外来です。これはスポーツジムなどと異なり、正式な医療機関として認められている物です。

肥満外来で特徴的なのは、薬物と外科的な施術を施してもらうことでダイエットを進めることが出来る点です。これはスポーツジムなどでは見られないものです。自然に痩せることが出来るのなら一番ですが、肥満が他の病気や生活に影響をあたえるほどのレベルにあるのなら、なるべく早く痩せてしまうことが必要です。その為に、肥満外来では各種の薬物療法と外科治療の体制が整えられています。薬物療法で使われる薬物は、主に脂肪の吸収を抑えるものと、食欲を減退させるものが使われています。脂肪の吸収を抑えることで食事制限の必要なく、体脂肪の増加を抑えたり、食欲を減退させる事で、食事量を減らしてダイエットを行なうのを目的としています。また、利尿作用を高める成分のダイエット薬もあり、体に溜まった余分な水分を排出し、むくみを解消することでダイエットを行なう物もあります。これらは用法用量を守って使うことが必要ですので、肥満外来で処方をしてもらうのが一番です。外科的なダイエット治療では、メソセラピー(脂肪融解)と脂肪吸引が主に行われています。脂肪吸引は、皮下脂肪を特殊な器具で吸い取り、体から除去してしまう事で行われます。この方法の利点としては、脂肪細胞ごと除去するので、脂肪吸引した後の部位に再度脂肪がつきにくいこと、つまりリバウンドで体重が増えてしまうことを防ぎます。メソセラピーは脂肪を誘拐させる薬を駐車して行なうものです。脂肪吸引よりも体への負担が少ないとされています。

ダイエット程度で病院へ行く、というのが大げさに感じられる方も居るようです。人によってはそれが恥ずかしいと感じる事もあるようですが、肥満というのは、軽度なものならまだしも、重度になると肥満症と呼ばれ、立派な病気の1つです。それ自体が何も問題は無くても、肥満は万病の元と言われていて、糖尿病や睡眠時無呼吸症候群、がん、その他生活にまつわる様々な病気の原因として知られています。また、自己流ダイエットにこだわりすぎる方も、一度肥満外来に相談だけでもしてみると良いでしょう。自分のしているダイエットを、更に良い方向に改良することで対応を行なうことが出来るかもしれません。